運輸業の効率化を考えるならクラウドが最適!導入するために知っておくべき基礎知識を紹介

運輸業の効率化はクラウドを利用することで実現できます。
導入時には自社のサーバー上に構築するか、外部で運営されているものを使うかを検討しなければいけません。
自社での運用であれば、ランニングコストを低く抑えることができます。
外部を利用する場合には、月々の利用料がかかることになります。
セキュリティーや管理者の雇用などいろいろと考えなければいけないことはありますが、どの方法でもオフラインの運用よりもスピードアップが見込めます。

運輸業の効率化を考えるならクラウドが最適!導入するために知っておくべき基礎知識を紹介

クラウドシステムを利用することで運輸業を効率化する時には、どのような運用をしたいかを考えなければいけません。
自社のシステムとの連携を強化したい時には、同じサーバー上にあった方が便利です。
この場合、管理できる担当者を用意する必要があります。
またセキュリティーの問題も自社で対応することになります。
外部を利用すると場所も選ばずにどこでもアクセスできます。
法改正によるバージョンアップもオンタイムで対応可能です。
拠点の多い運輸業では外部の方がメリットが大きくなります。

クラウドって運輸業の業務にどうやって使うの?

最近では自ら設備を持たずに明日の機能だけを利用することができる、クラウド型システムが非常に高い人気を集めています。
様々な業種で利用されている傾向がありますが、運輸業でどのように利用するのがそのイメージがわかないという人も少なくありません。
運輸業で重要なポイントは、荷物や人の運送を確実に正確に行うことです。
安全にかつ時間通りに運搬することで高い信頼を得ることができる業種でもあるため、これをスムーズに進めるための管理を適切に行うことが大切です。
しかしこれまでその管理はドライバーに任されていることが多く、そのため様々な問題情報を共有することが難しいという環境にありました。
クラウド型運輸管理システムを導入することで、簡単にリアルタイムでの管理ができるようになり、管理者がその状況を把握することができます。
そのため様々な業務の改善をすることができるようになり、これまでドライバー自身の能力で対応してきた様々な問題を会社全体で対応することができるようになることが最大のメリットです。

運輸システムをクラウド型にするために必要なものは?

業務処理を効率化できるクラウド型の運輸システムには、サーバーと通信できるタイプのデジタコが必要です。
走行記録を自動でアップロードできれば、データの入力作業を省略できます。
もう一つ欠かせないものとしてクラウドサーバーとの契約です。
運輸業に特化したシステムを提供している会社と契約できれば、基本的な機能はすぐに利用することが可能です。
また、法改正などで要件が変わったときでも、オンタイムで対応してくれます。
セキュリティについても契約に含まれるので、自社で管理するよりも楽でしょう。
あとはサーバーにアクセスできる端末を用意しなければいけませんが、特に新しいものが必要になるわけではなく、いままで使用していたスマートフォンやパソコンでログインすればそれで十分です。
アクセス数でランニングコストが変わってくることもあるので、選定時にランニングコストに注目して比較しておくと安心です。
少なくてもデジタコさえ用意したらすぐにでも利用可能になります。

クラウド型とパソコンにインストールするタイプの運輸システムの違いは?

運輸システムを導入するときには、クラウド型とオンプレミス型(インストール型)の二つの選択肢があります。
どちらのタイプを導入すれば、自社の運輸業務の効率化をはかることができるのかは、それぞれの特徴を把握しておくのが有益です。
まずクラウド型は、インターネット上に構築されたシステムを利用して運輸業務の効率化をはかります。
初期費用を大きく削減できるだけでなく、システムのアップデータなども込みになっているのでシステム構築などの手間もかかりません。
反面毎月一定金額の利用料金を支払う、サブスクリプション型になるのが一般的です。
これに対してインストール型は、各社が開発したソフトを自社で運用しているパソコンなどの端末に取り込み、運用やシステムアップデートなども自社のスタッフで対応することになります。
したがってイニシャルコストはかなり嵩むことになるものの、それ以降に毎月コストを支払う必要はありません。
どちらのスタイルに親和的なのか、導入前に十分検討する必要があります。

クラウド型の運輸システムはどのぐらいの期間で導入できる?

運輸システムを導入するためには、導入完了までどれぐらいかかるのかをあらかじめ見越しておくことが大切です。
インターネットを介して利用するクラウド型の場合、自社でサーバーを設置するオンプレミス型よりも短い期間で導入できるなどの魅力があります。
既存のパソコンなどを組み合わせつつ場所を選ばず利用できるため、インターネットを介したクラウド型のほうが導入期間は短くなります。
サーバーや機材が必要な場合は購入と設置が完了するまでの時間が必要ですが、インターネットを利用するタイプはこれらの手間がなく、素早く運用を開始できます。
最短で1日程度で利用できることもあり、急いで運輸システムを構築したい時にもおすすめの方法です。
ただし、インターネット設備がない場合には事前に設置する必要があるでしょう。
さらに使用の際には操作用のパソコンやデバイスなども必須となっています。
自社の環境を確認してから利用を始めることをおすすめします。

運輸に関する情報サイト
運輸業の効率化を考えるなら!

運輸業の効率化はクラウドを利用することで実現できます。導入時には自社のサーバー上に構築するか、外部で運営されているものを使うかを検討しなければいけません。自社での運用であれば、ランニングコストを低く抑えることができます。外部を利用する場合には、月々の利用料がかかることになります。セキュリティーや管理者の雇用などいろいろと考えなければいけないことはありますが、どの方法でもオフラインの運用よりもスピードアップが見込めます。

Search